長期優良住宅化リフォーム補助金とスケジュール

耐震と住宅性能表示制度に触れたので、もう一つ。
既存住宅を長期優良住宅と同等の性能へ改修する場合の補助金があります。

補助金なので、毎年条件、金額が見直されるので詳細についてはここでは触れませんが、劣化対策と耐震項目を必須として、その他省エネ、バリアフリー、維持管理にかかる工事金額、経費の1/3までが補助される制度です。
条件により、上限100万、200万、300万円とあります。

難しいけど、以下のサイトで今年の詳細が分かります。

平成31年度長期優良住宅化リフォーム事業

耐震工事をするならば、上限100万円の条件をクリアするのは難しくないです。

補助金なので、毎年4月に募集要項が公開され、5月~12月が募集期間、工事は1月末までに終えなければならないというのが、だいたいのスケジュールです。
もし補助金を受けたいと思うならば、工事期間はこのスケジュールにはまるように計画しなければなりません。
しかも、募集要項の公開が4月なので、この内容を確認し、リフォームの計画をしなければなりません。

リノベーションのような大掛かりなリフォーム工事は設計期間3か月、工事期間3か月をみておく必要があります。
よって、遅くても春くらいから業者選びを始めることになります。
補助金は予算枠いっぱいになると締め切られてしまうので、できれば余裕をもって、年明けから来年度ねらいで動き始めるのが良いと思います。

この記事へのコメント